教会で行う結婚式

多くのゲストに囲まれ華やかな雰囲気の中で挙式ができる

教会式のウェディングは、各地のチャペルやチャーチで行われており、華やかなドレスを着用でき、フラワーシャワーやブーケトスといった盛り上がる演出を取り入れやすいという特徴があります。会場の規模によりますが、様々なウェディングのスタイルの中でも多くのゲストを招待できるので、親族や友人が多い夫婦にもおすすめです。最近では、人々の価値観が多様化する中で、挙式のルールやマナーがそれほど厳しくないところや、クリスチャン以外の夫婦も歓迎しているところも増えています。そのため、映画のワンシーンのような素敵なウェディングに興味があれば、挙式の受付をしている教会に直接問い合わせたり、仲介会社に相談をしたりしましょう。

設備や広さにこだわらなければ低価格で会場を確保できる

教会式のウェディングにかかる費用については、会場の広さや設備に大きく左右されます。例えば、礼拝のために古くから使用されている小規模の教会は、収容人数が少ないところや、バリアフリーの設備がないところも多いですが、低価格で利用することが可能です。親友や親兄弟など限られた人だけを招待してリーズナブルに挙式をしたい場合は、小規模の教会をメインに探すのがおすすめです。椅子の数やトイレの設置の有無など最低限の設備を確認したい時は、教会側に見学を申し込んだり、挙式の資料を請求したりしましょう。また、挙式の後にゲストと一緒に食事を取れるスペースがある教会は人気が出やすいので、早めに契約を済ませるのがポイントです。

結婚式を安くするには工夫が必要です。日にち、場所、スタイルなど一般的な価値観にこだわらなければ割引率が大きくなったり、料金が安く設定されている事もあります。